ホーム > 猪苗代・磐梯高原とは

猪苗代・磐梯高原とは

猪苗代・磐梯高原とは

東北南端を占める福島県のほぼ中央に位置する猪苗代・磐梯高原。北に磐梯山、南に日本で4番目の広さを誇る猪苗代湖があり、湖水浴や水上スポーツ、フィッシングなどが楽しめます。
磐梯朝日国立公園の中心地で磐梯山南麓にはいくつものスキー場が点在しています。また、数々の源泉があり、豊富に湧き出てくるお湯。風光明媚は訪れる人を魅了し、四季を問わず遊べるのが猪苗代・磐梯高原です。

猪苗代・磐梯高原の位置と気候

猪苗代・磐梯高原の標高は、猪苗代湖面の514Mを最低部として、最高部が東吾妻山の1974.7Mとその標高差1460Mあり、高冷地、豪雪地帯に属しています。
そのため、四季折々の姿を見せ、夏は避暑地として、冬はスキーやスノーボーボードのメッカとして、季節の醍醐味を感じることができます。

野口英世のふるさと猪苗代

野口英世は明治9年(1876)11月9日、猪苗代町(当時は三ツ和村)三城で農家の長男として生まれ、清作と名付けられました。火傷で左手が不自由となり家業である農業はできないため、家は貧しかったのですが小学校や高等小学校を出て、さらに医師になるための勉強をしました。英世にとって故郷は、生涯にわたり忘れられないところでした。町内には英世ゆかりの地が多く残されています。

最新の物件情報!