ホーム > 猪苗代・磐梯高原とは > 

猪苗代・磐梯高原とは

野口英世のふるさと猪苗代

野口英世は明治9年(1876)11月9日、猪苗代町(当時は三ツ和村)三城で農家の長男として生まれ、清作と名付けられました。火傷で左手が不自由となり家業である農業はできないため、家は貧しかったのですが小学校や高等小学校を出て、さらに医師になるための勉強をしました。英世にとって故郷は、生涯にわたり忘れられないところでした。町内には英世ゆかりの地が多く残されています。

| コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.asera.co.jp/mt5/mt-tb.cgi/12

コメントする